コンテンツにスキップする

テスラ、7-9月の出荷台数が過去最高を記録-24万1300台

From
  • 出荷台数は市場予想と同社の予想をともに上回る
  • 目を見張る数字だとアナリストのアイブス氏は指摘

イーロン・マスク氏率いる電気自動車(EV)メーカー、米テスラの7-9月(第3四半期)の世界の出荷台数は市場予想を上回る24万1300台となり、過去最高を記録した。

  四半期ごとの出荷台数は同社にとって最も注目される指標の1つであり、EVに対する消費者需要のバロメーターと広く受け止められている。

  テスラは2日の発表資料で「世界のサプライチェーンや物流面での難問に取り組む中で、われわれの顧客の我慢に謝意を表したい」と指摘した。出荷台数の大多数は「モデル3」と「モデルY」が占めた。ブルームバーグが調査したアナリスト12人の予想平均は22万3677台、テスラが投資家に示した予想平均は22万1952台だった。

  ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダン・アイブス氏は2日の顧客向けリポートで「半導体の供給不足が自動車業界に重くのしかかり、世界的な物流の課題も抱える中で、この数字は目を見張るものだ。第4四半期および2022年のテスラにとって、EVへの需要の軌道は極めて力強い方向にあるようだ」との見方を示した。

原題:
Tesla Delivers ‘Eye Popping’ 241,300 Cars in Record Quarter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE