コンテンツにスキップする

岸田新総裁の政策手腕期待-日商会頭、コロナ出口の戦略具体化を

更新日時
  • ワクチン接種証明書など活用し需要の喚起を期待-新浪氏
  • 海外投資家に耳傾ける姿勢、日本の資本市場にポジティブ-松本氏

岸田文雄氏が自民党の総裁に選出されたことを受けて経済界から期待の声が寄せられている。日本商工会議所の三村明夫会頭(日本製鉄名誉会長)は岸田氏の「選出を歓迎するとともに、その政策手腕に大いに期待したい」とのコメントを発表した。

Japan's Ruling Liberal Democratic Party Elects Its New Leader
自民党の岸田新総裁
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  三村氏は、新型コロナウイルスのワクチン接種が大きく進展し、社会経済活動正常化への道筋を実行に移す段階に来ていると指摘。岸田氏に対し、ワクチン接種証明などを活用した「攻めの感染対策」を推進させて、消費・需要を喚起する「出口戦略の具体化に手段を尽くしていただきたい」と求めた。

  経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)はウェブサイト上に掲載された文書で、岸田氏が唱える新自由主義からの転換と新しい日本型資本主義の構築は経団連が示した新成長戦略の方向性と「軌を一にしており、大変心強い」との認識を示した。

  その上で、ウイズコロナにおける社会経済活動の活性化やカーボンニュートラルなどの課題解決に取り組んでほしいとし、衆院選では「政策を強力に推進できる安定した政治の態勢が確立されることを期待する」と述べた。

  キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長は、米中関係の緊張など国際秩序が不安定化する中で、国内でも社会保障改革や財政再建など課題が山積しており、難局を打開するために「強力な内閣を発足させ、重要政策を果断に実行されるよう強く望む」とのコメントを発表した。

  サントリーホールディングスの新浪剛史社長は発表文で、新型コロナウイルスの感染拡大で「日本経済の出遅れは世界各国に比しても危機的な状況」であると指摘。新総裁には「ワクチン接種証明書などの活用によって、コロナ禍でたまった30兆円近くの貯蓄が速やかに消費に回るよう繰り越し需要の喚起を期待」すると述べた。

  マネックスグループの松本大社長は記者団に対し、岸田氏は「英語がしゃべれて海外投資家の考えに耳を傾ける姿勢を持っているし、海外に発信する意欲もある」と話し、日本の資本市場の発展においてポジティブとの考えを示した。

  三井物産の安永竜夫会長は、DXや脱炭素の流れを加速させ、社会活動と感染症対策の両立を図り「安全な人流と物流を確保することで日本経済社会の発展をより確かなものにしていただきたい」とコメントした。

  またANAホールディングスは発表文で、新型コロナ感染対策と経済再生へのかじ取りを期待するとし、「さらなる医療体制の充実を通じ、経済再生との両立に強いリーダーシップ」の発揮を求めた。

  岸田氏は10月4日に召集される臨時国会で第100代首相に指名される見通し。

(経団連十倉会長とキヤノン御手洗会長兼社長のコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE