コンテンツにスキップする

中国の電力危機、さらに悪化も-ラニーニャ現象で厳冬の恐れ

  • この冬にラニーニャ現象が発生する確率は70~80%-米気象庁
  • 中国政府は電力料金引き上げ容認やむなしか、寒波到来なら

中国経済は電力危機で大打撃を受けているが、この冬の寒波で電力需要増加と燃料価格上昇に拍車が掛かれば、状況はさらに悪化する恐れがある。

  ラニーニャ現象が発生する公算大で、既にタイトなエネルギー供給がさらに逼迫(ひっぱく)する可能性がある。米気象庁(NWS)は今月に入り、2021-22年冬季にラニーニャ現象が発生する確率は70-80%と発表した。ラニーニャ現象では通常、北半球の気温が平年より低くなる。

  気温が低下すれば電力網にさらに負荷がかかることから、こうした予報は停電を回避したい政策当局の心理的な負担となりそうだ。中国の国内総生産(GDP)の3分の2余りを占める少なくとも20の省・地域がこれまでに何らかの形での停電計画を発表。ゴールドマン・サックス・グループや野村ホールディングスなどは成長鈍化の可能性を警告し、サプライチェーンが混乱するとの懸念が広がっている。

中国の「電力危機」、年末商戦前の世界サプライチェーンに新たな脅威

Power Shortage

More than half of China’s mainland provinces are limiting electricity use

Source: domestic media reports, cementren.com, bjx.com.cn

  寒波が到来した場合、中国の政策当局には基本的に以下の3つの選択肢がある。これらの組み合わせもあり得る。

  • 電力会社の料金引き上げ容認
    • 発電量は増えるかもしれないが、インフレ加速を招く可能性もある
  • 低水準の経済成長を受け入れ
  • 石炭の生産拡大
    • 数週間後に始まる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で外国の厳しい視線を浴びるリスクがある
Wujing Power Plant
上海の火力発電所
 

  石炭増産は言うほど簡単ではない。中国の電力は3分の2余りが石炭火力発電所で賄われているが、習近平国家主席の10年にわたる生産能力抑制の取り組みで新たな炭鉱開発が制限されたほか、今年に入り死傷者を伴う炭鉱事故が相次いだことから安全対策が強化され、既存の炭鉱でも生産が抑制されている。

  冬のエネルギー消費のピーク期が近づいており、気温が平年を下回れば、電力不足がさらに深刻化し、石炭供給への圧力が高まる可能性があると中国国際金融(CICC)の商品担当チーフアナリスト、郭朝輝氏が今週のリポートで指摘した。

Power Play

China's demand for thermal power has never grown as much as this year

Source: National Bureau of Statistics

  中国政府の電力価格統制を背景に、一部の電力会社が損失覚悟で発電するよりも発電量の圧縮を選んだことが、現在の危機を悪化させている。これを解決する1つの方法が、電気料金の値上げを認めることだ。

中国が電力危機に直面、特有の事情と経済への影響-QuickTake

  ブルームバーグNEFの魏翰揚アナリストは石炭火力発電所が供給する電力について、「今回の危機が料金の引き上げ余地拡大を政府に強いる可能性がある」との見方を示している。

原題:
A Freezing Winter Could Make China’s Power Crisis Much Worse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE