コンテンツにスキップする

ゴールドマン、21年の中国成長予測7.8%に引き下げ-電力不足踏まえ

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、今年の中国の経済成長予測を引き下げた。エネルギー集約型産業の最近の急激な生産削減で、見通しに著しい下振れ圧力が加わったとしている。

  ゴールドマンは28日のリポートで10-12月(第4四半期)について、「主に中国恒大集団の問題に向けた政府のアプローチと環境目標遂行の厳格さ、政策緩和の度合いに関連して上下両方向のリスクがあり、かなりの不確実性が残っている」と指摘。

  その上で、中国の2021年の国内総生産(GDP)伸び率予想を従来の8.2%から7.8%に、22年の予想を5.5%に引き下げた。

  野村ホールディングスと中国国際金融(CICC)、モルガン・スタンレーも電力不足などを理由に、成長予測を引き下げたか、成長鈍化の可能性を警告している。

中国経済、7-9月は前期比マイナス成長へ-野村ホールディングス

原題:Goldman Cuts China’s GDP Growth Forecast Amid Energy Constraints(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE