コンテンツにスキップする

ブレイナード理事、労働市場はテーパリングの基準を「近く」達成し得る

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は27日、労働市場は近くテーパリング(資産購入の段階的縮小)開始に向けた自身の基準を満たす可能性があると述べた。同時に、供給制約が長引く中で新型コロナウイルスのデルタ変異株がインフレ高進のリスクを高めかねないとの認識も示した。

  同理事は全米企業エコノミスト協会(NABE)の年次会合で講演。「雇用は依然として、一段と顕著な進展があったと私が判断する基準にわずかに届いていない」と言明。その上で、「私が望んでいるように進展が継続すれば、その基準に近く達する可能性がある」と述べた。講演内容は事前に用意された原稿に基づく。

原題:
Fed’s Brainard Says Labor Market May Soon Meet Mark for Taper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE