コンテンツにスキップする

中国人民銀、「健全な」不動産市場を守ると表明-恒大債務危機の中で

中国人民銀行(中央銀行)は、中国恒大集団の債務危機が世界の市場に影響を及ぼしたことを受け、「健全な不動産市場」を守ると表明した。

  人民銀が27日発表した声明によれば、貨幣政策委員会は24日の四半期会合で、不動産市場の健全な発展を守り、法律で認められた住宅購入者の権利を保護していくと表明した。また、金融を通じた景気支援とリスク回避との均衡を図るため、金融政策と財政政策、産業政策、規制当局との連携を強化する意向を示した。

  人民銀は実質貸出金利の引き下げを進めると表明。中国の景気回復は「まだ底堅いとは言えず、均衡が取れていない」との認識を示した。

原題:PBOC Vows ‘Healthy’ Property Market Amid Evergrande Crisis

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE