コンテンツにスキップする

アジア系ヒーロー映画「シャン・チー」、コロナ禍の北米最大ヒットに

  • シャン・チーは4週連続1位-「ブラック・ウィドウ」を抜く
  • 「ディア・エヴァン・ハンセン」が初登場2位-週末興行収入

24日からの週末の北米映画興行収入ランキングで、米ウォルト・ディズニー傘下のマーベル映画で初めてアジア系スーパーヒーローを主人公とした「シャン・チー/テン・リングスの伝説」が4週連続1位を記録した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で最も興行収入が高い作品となっている。

  調査会社コムスコアが26日発表したところによると、シャン・チーの週末の北米興行収入(推計値)は1330万ドル(約14億7000万円)。ボックスオフィス・プロの予想1380万ドルをわずかに下回ったが、累計では1億9650万ドルとなった。

アジア系ヒーロー作品が記録更新-レーバーデー週末の北米映画興収

  これまでのパンデミック下での北米興行収入トップは、同じマーベル映画の「ブラック・ウィドウ」だった。

  コムスコアによれば、ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したユニバーサル・ピクチャーズの「ディア・エヴァン・ハンセン」が週末の興行収入約750万ドルで初登場2位。

 

Top 10 Films
 
 

 

All Films Year To Date
 
 
Top 10 Film Grosses
 
 

原題:‘Shang-Chi’ Becomes Biggest Domestic Box Office Hit in Covid Era(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE