コンテンツにスキップする
Photographer: Markus Schreiber/AP
cojp

ドイツ総選挙、社会民主党が最多得票も次期政権構成はなお不透明

更新日時
  • SPDの得票率25.7%、CDU・CSU24.1%-公式の暫定集計
  • 政権樹立へあらゆる努力-ラシェットCDU党首

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

26日投開票のドイツ連邦議会(下院)選は前例のない大接戦となった。ショルツ財務相を首相候補とする社会民主党(SPD)が得票率でメルケル首相が所属するキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)をやや上回り、第1党の座を確保するもようだが、次期政権を誰が率いるのかなお不透明な情勢だ。

  連邦選挙管理官による公式の暫定集計では、選挙戦終盤の世論調査でリードを保っていた中道左派SPDの得票率は25.7%、ラシェットCDU党首率いるCDU・CSUは24.1%。両氏とも次期首相の座を目指している。

ドイツはショルツ氏率いる3党連立政権の方向か
Source: Bloomberg)

  ショルツ氏は27日党本部で支持者に対し、次期首相に自分を望んでいることを有権者が明瞭にしたと述べた。CDU・CSUとラシェット氏は野党になるべきだと語った。

  「市民がわれわれに負託した責務に取り組む」と述べ、SPDと緑の党、自由民主党(FDP)のプログラムには重なる部分が十分にあり、連立を組むことは可能だと述べた。

  一方で、得票率は30%に届かず過去最悪となったCDU・CSU陣営のラシェット氏も党員らに26日夜、連邦樹立を目指すと表明している。

ドイツ連立交渉に数カ月かかる可能性-総選挙で明確な勝者なし

  FDPと緑の党がそれぞれ掲げる政策にはかなりの違いがあり、リントナーFDP党首は選挙結果を受け、二大政党と協議する前にFDPと緑の党が話し合いを行うことを提案。FDPにとっては、SPDよりもCDU・CSUの方が共通点が多いとも指摘した。

Battle for the Chancellery

The Social Democrats have the slimmest advantage over Merkel’s conservatives

Source: Federal Returning Officer

  緑の党の得票率は過去最高の14.8%で3位に入った。得票率11.5%のFDPと共に連立交渉を大きく左右する役割を果たす公算が大きい。右派「ドイツのための選択肢(AfD)」の得票率は10.3%、左派党は4.9%にとどまった。

  新政権はインフラの老朽化やデジタル技術への投資不足など、メルケル首相がやり残した課題に取り組む必要がある。また、経済を不安定化させることなく自動車産業とエネルギー産業を脱化石燃料化することも喫緊の課題だ。

原題:Narrow Victory for Social Democrats Leaves Germany in Limbo (2);

Scholz Has Edge as German Election Leaves Outcome Undecided (1);

Scholz’s SPD Narrowly Wins German Vote, Provisional Count Shows(抜粋)

(第3-5段落にショルツ氏の発言などを追加します。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE