コンテンツにスキップする

北朝鮮の金与正氏、南北首脳会談の可能性に言及-敵視政策の停止を

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正党副部長は25日、韓国が敵視政策を停止すれば、北朝鮮は南北首脳会談や終戦宣言を検討するだろうとの談話を出した。国営朝鮮中央通信が同日報じた。
 
  与正氏は「南北関係を停滞から回復し、できるだけ早期に平和的な安定を達成しようとする韓国の雰囲気が極めて強いと感じた。われわれの願いも同じだ」としている。

  同氏は24日にも韓国の文在寅大統領が提案した朝鮮戦争の正式な終戦宣言について、「興味深い提案であり良い発想だ」と評していた

North Korean Leader Kim Jong Un Visits The Monument to War Heroes and Martyrs And Ho Chi Minh Mausoleum
金与正氏
 

原題:
Kim’s Sister Warms to Peace Proposal, Says Hostilities Must End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE