コンテンツにスキップする

ファーウェイのCFO、カナダ出国し帰国の途-米司法省と取引

更新日時
  • 中国国際航空のチャーター便でファーウェイ本社がある深圳に向かう
  • 合意条件を守れば、22年12月までに起訴が取り下げられる可能性

3年ほど前にカナダ、バンクーバーの空港で逮捕された華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)は、24日午後に中国行きの航空機に搭乗してカナダを出国した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  孟氏は中国国際航空のチャーター便で、ファーウェイの本社がある深圳に向かったという。孟氏と米司法省は、同氏に対する刑事訴訟を終わらせる司法取引で合意していた。

  米検察との合意の下で、孟氏(49)は米国の対イラン制裁に反する形でイランとのファーウェイ事業についてHSBCホールディングスを欺いたことを認めた。孟氏は合意条件を守れば新たな訴追を免れ、現在の起訴は2022年12月までに取り下げられる可能性がある。孟氏は虚偽報告の事実関係を認めたが、無罪を主張している。

  ただ不正行為を巡るファーウェイに対する起訴は、引き続き有効だ。同社は有罪を認めていない。

  ケネス・ポライト司法次官補は「検察チームは引き続きファーウェイに対する裁判に備えている」との声明を出した。

Huawei CFO Meng Wanzhou Returns To Court
ファーウェイの孟晩舟CFO
 

  米検察は、ファーウェイと孟氏がイランと取引を行う第三国と同社の関係についてHSBCホールディングスに虚偽の報告を行うなどし、米国の対イラン制裁に違反したと主張。孟氏は2018年12月にカナダのバンクーバーで逮捕され、米国の身柄引き渡し要請に抵抗していた。

  同社の弁護人にコメントを求めたが、今のところ回答はない。

  在ワシントンおよび在オタワの中国大使館当局者にもコメントを求めたが、返答は得られていない。

原題:Huawei CFO Meng Wanzhou Leaves Canada on a Flight to ChinaHuawei’s Meng Gets Deal in Breakthrough With U.S. Prosecutors(抜粋)

(孟氏の出国などを追加し全面的に書き換えました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE