コンテンツにスキップする

FRB議長、「新たな現実」の需要に合わせ経済は「根本的に変化」

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、人や企業が「新たな現実の需要に応じる」ため方向転換しており、米国経済は「根本的な変化」を迎えていると述べた。

  パウエル議長は24日のFRBイベントでの冒頭あいさつで、「企業は不確実さによって身動きが取れない状態にしばしば陥るが、これは同時に機会ももたらし得る。過去1年半で創造性や順応性が示されたことは数少ない明るい点だった」と発言。「特に中小企業の柔軟性や創意工夫には驚かされ、また刺激を受けている」と続けた。

  パウエル議長の発言原稿によれば、金融政策や景気見通しへの言及はない。

原題:Powell Says Economy Is Adjusting to Demands of a ‘New Reality’

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE