コンテンツにスキップする

米新築住宅販売、4カ月ぶり高水準-価格は過去最高で横ばい

更新日時

8月の米新築一戸建て住宅販売は市場の予想以上に増加し、4カ月ぶり高水準となった。住宅建設の受注残が徐々に解消される中、需要が安定化しつつあることが示唆された。

キーポイント
  • 新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率換算)は前月比1.5%増の74万戸
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は71万5000戸
    • 前月は72万9000戸(速報値70万8000戸)に上方修正

 

U.S. new-home sales advanced in August as prices held at record high
 
 

  住宅業界では基調的な需要が堅調な一方、建設業者はサプライチェーンの問題や人材不足を背景に注文に応じるのが厳しい状況だ。8月の販売増加は、未着工物件の販売増が寄与したもので、今後数カ月にわたって堅調な建設活動が続くことが示唆された。

  新築住宅販売価格の中央値は過去最高の39万900ドルで横ばい。8月に販売された住宅の約22%は50万-74万9000ドルの価格帯。75万ドル以上は9%だった。

  売りに出されていた物件は8月末時点で37万8000戸と、2008年10月以来の高水準。このうち25%以上は未着工だが、完成物件と建設中の物件が増加し、受注残の解消が緩やかに進んでいることが示唆された。

  販売に対する在庫比率は6.1カ月(前月は6カ月)。年初時点では3.6カ月だった。

  8月の販売は全米4地域中、3地域で増加。最大地域の南部で4カ月ぶり高水準となったほか、西部では1月以来の強さだった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:New-Home Sales in U.S. Increased to a Four-Month High in August(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE