コンテンツにスキップする

メスター総裁、利上げ条件は来年末までに整う公算大きい

  • テーパリングの11月開始と来年前半での終了を支持
  • 「景気回復が続けば労働市場の改善は継続」と指摘

米クリーブランド連銀のメスター総裁は24日、米経済は金融当局が11月に資産購入のテーパリング(段階的縮小)を開始するための条件を満たしており、来年末までには利上げの条件も整う公算が大きいとの見方を示した。

  メスター総裁は事前に配布された講演原稿で、テーパリングの11月開始と来年前半での終了への支持を表明。さらに「景気回復が続けば労働市場の改善は継続し、来年末までにフェデラルファンド(FF)金利引き上げの条件も整うとみている」とした。

Key Speakers At The NABE Annual Meeting
メスター総裁
 

  21、22両日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後、金融当局者の発言はこれが初めて。利上げに関する今回の発言は、来年の利上げを見込んでいる当局者9人のうちの1人がメスター総裁であることを示唆するものだ。

FRB議長、テーパリング11月開始の可能性指摘-22年半ば完了も (2)

原題:
Mester Backs November Taper, Sees Liftoff Conditions Met End-‘22(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE