コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国恒大、ドル建て債利払いで沈黙続ける-投資家の不安くすぶる

更新日時
  • ドル建て債利払いに関し証取への届け出や対外発表を現時点で行わず
  • 恒大株とドル建て債は23日に大きく値上がり-持続性に疑念も

中国の不動産開発大手、中国恒大集団は23日に期限を迎えた計8350万ドル(約92億円)のドル建て社債利払いに関して沈黙を続けている。同社の資金繰り問題を巡る不確実性が増している。

  同社はこれまでのところ今回のドル建て債利払いについて証券取引所への届け出や対外発表を行っていない。

  この銘柄を保有する3者は香港時間24日午前8時(日本時間同9時)時点で、クーポンの支払いをまだ受けていないとブルームバーグに明らかにした。非公開情報だとして匿名を条件に話した。中国恒大に利払いに関して問い合わせたが、すぐには返答がなかった。

On the Hook?

Some of the biggest emerging market investors hold Evergrande bonds

Source: Data compiled by Bloomberg

Note: Includes bonds issued by Evergrande and all of its subsidiaries. Ashmore data as of June 30, BlackRock data as of June, July and September across different funds. UBS data as of April, May, June and July across different funds. HSBC data as of April, June and July across different funds. Holdings may have changed since this data was published. Disclosure rules vary globally.

  中国恒大にはデフォルト(債務不履行)事由が宣言される可能性の前に利払いの猶予期間(30日間)が設けられている。同じく23日が期日だった人民元建て社債の2億3200万元(約40億円)相当の利払いについては「解決」したと発表したが、支払いの具体的な時期や規模は示さなかった。

中国恒大の人民元建て社債利払いの説明、曖昧で推測招く (4)

  恒大の株価とドル建て債は23日に大きく値上がりし、中国の不動産銘柄にも買い戻しが入ったが、ドル建て債利払いに関して情報が提供されない状況が続いており、こうした上昇の持続性を巡って疑念が生じる可能性もある。

 Stephen Engle記者が中国恒大の社債利払い問題についてリポート
 

原題:Evergrande’s Silence on Bond Interest Keeps Investors on Edge、Evergrande USD Bondholders Yet to Receive Interest Due Thurs (1)(抜粋)

(第3段落に情報を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE