コンテンツにスキップする

欧州大手銀行、中国恒大巡る市場の懸念解消急ぐ-影響は限定的と説明

  • UBSとHSBCのCEO、中国恒大へのエクスポージャーは限定的
  • 33兆円余りの負債を抱える中国恒大破綻の可能性に金融市場は身構え

不動産開発会社として世界最大規模の債務を抱える中国恒大集団を巡り、欧州の大手銀行はここ数日間を投資家や顧客、規制当局者の懸念を解消するのに費やした。

  クレディ・スイス・グループは、中国恒大の社債引き受けが過去10年間に国際的な銀行の中で最大となっているが、資産運用部門のファンドが恒大債を多く保有していないことを示す声明を発表した。また、同行自体のエクスポージャーが最低限にとどまっていることについても株主に伝えたと、協議について説明を受けた関係者1人が明らかにした。

中国当局、中国恒大にドル建て債で目先のデフォルト回避を指示
(出典:ブルームバーグ)

  UBSグループのリスクは「軽微」であり、マージンローンの担保差し入れ請求の実施に限定されていると、ラルフ・ハマーズ最高経営責任者(CEO)が23日に述べた。その前日にはHSBCホールディングスのノエル・クインCEOが、同行の中国不動産への直接的リンクについては心配していないと、バンク・オブ・アメリカ(BofA)主催の会議で語った。

HSBCのクインCEO、中国恒大の債務危機は市場にとって「懸念」

  スタンダードチャータードのアンディ・ハルフォード最高財務責任者(CFO)は同じ会議で、同行が「当初の市場の反応ほどは心配していない」と指摘。ドイツ銀行のイェームス・フォン・モルトケCFOはプレゼンテーションで「この1週間程度の出来事による直接的な影響は受けていない」と述べた。

  世界の金融市場は、3000億ドル(約33兆円)を超える負債を抱える中国恒大の破綻の可能性に備えている。同社はドル建てハイイールド債の発行で中国最大となっている。

中国当局、中国恒大にドル建て債で目先のデフォルト回避を指示

原題:
Banks Race to Assure Markets Evergrande Exposure Is Limited (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE