コンテンツにスキップする

パウエル議長、中国恒大の債務問題は「非常に中国特有のもの」

  • 信用経路を通じて世界の金融環境に影響する可能性は指摘
  • 現時点の米国で「デフォルトは非常に少ない」-パウエル氏

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は中国恒大集団の債務について、米国には直接的なエクスポージャーがほぼないものの、世界の金融環境に影響を与える可能性はあると述べた。

  パウエル氏は22日、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を発表した後の記者会見で、「中国恒大の状況は非常に中国特有のものと見受けられる。同国は新興市場国としては債務水準がかなり高い」と述べた。

  「米国では現時点で、企業のデフォルト(債務不履行)は非常に少ない」と指摘。「信用の経路を通じて世界の金融環境に影響を与えるという心配はあるだろう」と続けた。

世界の市場で悲観後退、中国恒大が利払いで発表-人民銀は資金供給

原題:Powell Plays Down Risk of Market Contagion From Evergrande Debt(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE