コンテンツにスキップする

アップルが異例の賞与、小売りスタッフに最高11万円-労をねぎらう

アップルは来月、自社小売店の従業員に最高1000ドル(約11万円)の臨時賞与を支給する。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で働いてきた小売りスタッフの労をねぎらう意味がある。コロナ禍で一時、店舗閉鎖を余儀なくされた同社は、小売り事業を元の状態に近づける取り組みを続けている。

  事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたところによれば、同社は3月31日より前に採用した小売りスタッフに1000ドルを、それより後に加わったスタッフに500ドルを支給する。ホリデーシーズン向けの新規採用者は200ドル受け取るという。関係者は情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。保証サービス「アップルケア」やオンライン販売の業務に携わる従業員も支給対象だとしている。

  アップルが幅広い従業員を対象に臨時手当を出すことはめったになく、今回のボーナスは異例。

  同社の担当者はコメントを控えた。

原題:
Apple Store Workers to Get Bonuses of up to $1,000 in Rare Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE