コンテンツにスキップする

サブプライムで富築いたポールソン氏、20年余りの結婚生活に終止符

  • 婚前契約なし-対象資産ベースで史上最大級の離婚訴訟となる可能性
  • ポールソン氏の純資産は5200億円、米住宅価格下落への賭けで成功

米投資家のジョン・ポールソン氏が、ジェニー夫人との20年余りの結婚生活に終止符を打つ。

  ニューヨーク州サフォーク郡で提起された離婚訴訟で、ウィリアム・ゼーベル氏がポールソン氏の代理人を務める。夫妻の離婚については米紙ニューヨーク・ポストが先に報じていた。それによれば、2人は財産に関する婚前契約は交わしていなかった。匿名の関係者を引用している。

  ゼーベル氏は21日、「ジョン氏はジェニー氏を深く尊敬しており、家族の健康と幸福のために最善なこと全てを引き続き支える」とコメントした。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、ポールソン氏(65)の純資産は48億ドル(約5200億円)。2008年の金融危機前に米住宅価格の下落を予測する賭けを行ったことが資産拡大に大きく寄与した。この他にも19年時点でポールソン・ファミリー財団で約19億ドルの資産を保有している。

ポールソン氏、自身のヘッジファンドをファミリーオフィスに転換へ

  ジェニー夫人(50)は、ポールソン氏がサブプライム関連取引で名を上げる前に知り合った。

relates to サブプライムで富築いたポールソン氏、20年余りの結婚生活に終止符
ポールソン夫妻
Amanda Gordon/Bloomberg

  ジェニーさんは、ポールソン氏とそのスタッフにベアー・スターンズのカフェテリアから昼食を届けた後、アシスタントして当初採用された。ジェニーさんは米国で政治亡命が認められたルーマニアからの移民だった。

  グレゴリー・ザッカーマン氏の著作「史上最大のボロ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか」によると、ポールソン氏は1年にわたってジェニーさんにデートを申し込んだが、解雇して別の職を見つけてくれない限り応じられないと拒否され続けた。ジェニーさんはその後、昼食に行くことに同意し、一緒に200回余り食事した後、ポールソン氏は結婚を申し込んだ。

  ポールソン家は、サウジアラビア王子がかつて所有していたアスペンの大牧場や08年に4100万ドルで購入したハンプトンズの物件など多くの不動産を保有している。

  夫妻の離婚訴訟は対象資産ベースで史上最大級の一つになる可能性があるが、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏、アマゾン・ドット・コム会長のジェフ・ベゾス氏による最近の離婚と比べれば小さい。ゲイツ氏との離婚後、メリンダ・ゲイツ氏はさまざま企業の株式数十億ドル相当を手にした。ベゾス氏と別れたマッケンジー・スコット氏の純資産は564億ドルと、世界で4番目に裕福な女性となった。

  「離婚率が上がっているとは思わないが、富の規模には圧倒される」とバイケル・アンド・シャンフィールドの離婚訴訟弁護士、ドロール・バイケル氏は話した。

原題:
John, Jenny Paulson to Divorce in Latest Billionaire Split (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE