コンテンツにスキップする

米下院民主党、暫定予算と債務上限凍結の抱き合わせ法案を21日に採決

米下院民主党は連邦債務上限を2022年12月まで凍結し、9月末での政府機関閉鎖を回避するための暫定予算の法案の採決を21日に実施する。

  財務省はデフォルト(債務不履行)を回避するための特例措置が10月中に尽きる可能性を警告しており、債務上限の凍結が急務となっている。だが共和党は、民主党が増税・支出計画を推し進める限り、上院で債務上限凍結の法案を阻止する方針を表明している。

  暫定予算法案が可決されれば、大半の連邦政府機関の閉鎖が回避され、12月3日まで業務が続けられることになる。

  同法案にはハリケーンと山火事による被害からの復興に向けた286億ドル(約3兆1300億円)やアフガニスタン難民の再定住に向けた63億ドルも含まれる。

原題:Democrats Unveil Stopgap Spending Bill, Debt Ceiling Suspension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE