コンテンツにスキップする

金融庁がみずほ銀システム管理の異例処分、きょうにも発表-報道

更新日時
Japan's Mega Banks Ahead of Half-year Results
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

金融庁はシステム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループとみずほ銀行に対し、22日にも業務改善命令を出す方針だとフジテレビが同日、伝えた。21日夜の日本経済新聞電子版の報道によると、異例の行政処分となるシステムの「管理命令」を発動する方針だという。

Japan's Mega Banks Ahead of Half-year Results
金融庁が異例の行政処分となるシステムの「管理命令」を発動する方針と伝わる
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  年内いっぱいをめどに、同行が進めるシステムの更新作業や保守業務を共同で管理し、必要に応じて運営体制の見直しも命じるという。金融当局がシステム運営を直接監督することで障害再発を最小限にとどめ、金融システム不安への波及を防ぐとしている。

  また、NHKは22日、金融庁がみずほFGとみずほ銀に対し、システム障害を巡り業務改善命令を出す方向で最終的な調整に入ったと報じた。障害が頻発している事態を重く見て、システムの点検や改修について緊密に情報を共有しながら金融庁としての監督を強化し、再発防止の徹底を図るとしている。

  一連の報道に対してみずほFGの広報担当者はコメントを控えた。金融庁からのコメントは現時点で得られていない。

  加藤勝信官房長官は22日午前の記者会見で、個別金融機関への行政対応についてはコメントを控えるとした上で「安定的に金融サービスを提供していくためには 銀行自ら適切な管理体制を構築していくことが重要だ。こうした観点から金融庁においても必要な監督、対応が行われていくと考えている」とコメントした。

  みずほ銀のシステム障害を巡っては、2月末から3月にかけての約2週間で4度相次いだほか、8月と今月にも店舗での取引停止や現金自動預払機(ATM)の一時停止が起きた。

  みずほ銀は2002年4月の3行統合によるみずほ銀発足時、東日本大震災が起きた11年3月に大規模なシステム障害を起こし、それぞれ業務改善命令を受けている。

関連記事:

 

(官房長官コメントや情報を追加して記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE