コンテンツにスキップする

中国恒大危機の当局対応、人民銀の流動性管理が手掛かり-オペに注目

  • 流動性を差し引きで大規模に注入すれば市場の不安抑制に寄与も
  • 資金吸収なら市場混乱を容認する姿勢を意味し得る

深刻な資金難が続く中国の不動産開発会社、中国恒大集団の債務危機への当局の対応についての手掛かりは、中国人民銀行(中央銀行)の流動性管理から得られそうだ。

  人民銀は連休明けの22日、日次の公開市場操作(オペ)を再開する。ネットベースでの大規模な流動性注入があれば、当局が中国恒大危機によるシステムへの負荷軽減を図る意図が見えてくる可能性がある。一方、人民銀が資金を吸収すれば、中国恒大がデフォルト(債務不履行)に近づく中での市場混乱を容認する姿勢を意味し得る。

  中国本土株が22日の取引開始時に下落すれば、当局が市場の不安を抑えることの緊急性が増すかもしれない。中国本土市場は20、21日と休場だったが、香港上場の中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は20日に3.4%下落した。21日はほぼ変わらず。シティグループのアナリストらは中国恒大危機が「リーマン・モーメント」を引き起こすことを防ぐために中国政府は行動するだろうとの見方を示した。

中国恒大は中国のリーマンにはならず、一部銀行は犠牲にも-シティ

PBOC boosted liquidity injections last week as Evergrande crisis roiled market
 
 

  コメルツ銀行のシニアエコノミスト、周浩氏は「中国は市場をはらはらさせている」と指摘。「中国恒大危機をどのように解決するのか、経済の落ち込みをどの程度容認するのかについて当局の考えをトレーダーは推測することができない。短期的には人民銀は潤沢な資金を維持するために十分な短期流動性を注入するだろう」と話した。

  中国当局は3000億ドル(約33兆円)規模の債務を抱える中国恒大の苦境について政府主導の解決を公言せず、市場の不安が広がっている。  

  人民銀は少なくとも、先週のオペで2月以来の規模となる資金供給を実施した。流動性を18日の水準と一致させるには、人民銀は22日に差し引きで1300億元(約2兆2000億円)を注入する必要がある。

原題:
Evergrande Watchers May Finally Get a Hint About China’s Stance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE