コンテンツにスキップする

中国経済、23年末まで想定以上に成長鈍化-BofAが予測引き下げ

  • 21、22両年の成長率予想は8.0%と5.3%-従来見通しは8.3%と6.2%
  • デルタ株や厳しい与信規制、脱炭素化による商品生産減が内需に影響

中国経済の成長ペースは政策緩和の遅れが影響し、2023年末までに想定以上に減速するとバンク・オブ・アメリカ(BofA)はみている。

  同行のエコノミストは2021、22両年の経済成長率をそれぞれ8.0%、5.3%と予想。いずれも従来見通しの8.3%と6.2%から引き下げた。23年については5.8%を見込んでいる。従来予想は6.0%だった。23年までの3年間はインフレが一段と緩やかなペースで進むと予測している。

  BofAの大中華圏担当チーフエコノミスト、喬虹氏らは21日発表したリサーチで、最近は内需全般にわたり減速が見られると指摘。その主な理由として次の3点を挙げた。

  • 新型コロナウイルスのデルタ変異株感染拡大
  • 不動産・インフラ投資への厳しい与信規制
  • 商品生産を減らす脱炭素政策

  今年「10ー12月(第4四半期)には政策当局が必要な緩和策を講じると引き続き考えている。今後数カ月で成長がさらに減速すれば、8月に見られた弱さは一過性ではなくなり、政策対応を促すことになるだろう」とコメントした。

China's Communist Party Vows to Both Grow and Share Economic Pie
北京の様子
 

原題:Bank of America Cuts China’s Growth Forecasts Up to 2023

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE