コンテンツにスキップする

カナダ総選挙、トルドー首相の3期目確実-少数与党政権が継続へ

更新日時
  • CTVニュースとCBC、自由党の最多議席確保を予測
  • 少数与党でも新民主党と手を組むことで政権の安定運営可能か

20日投開票のカナダ総選挙は、トルドー首相率いる自由党が下院で第1党の座を維持し、首相の3期目が確実な情勢だが、目指していた過半数奪還には届かないもようだ。

  CTVニュースとCBCは、自由党が最多議席を確保し少数与党政権を担うと予測した。

  少数与党でも左派の新民主党と手を組むことで安定した政権運営が可能となりそうだ。新民主党は多額の歳出を伴う自由党の政策課題の大半を支持している。また、度合いは異なるものの、両党とも企業増税や石油・ガス業界の排出規制強化を選挙公約に掲げた。

Trudeau ballot
モントリオールで投票するトルドー首相(20日)
Sean Kilpatrick/Canadian Press

  連邦選挙管理局のオタワ時間午後11時40分(日本時間21日午後0時40分)現在の集計によれば、下院338議席のうち、自由党は156議席でリードしているか当選確実になっている。エリン・オトゥール党首率いる最大野党の保守党は122議席。単独過半数には170議席が必要だ。

原題:Trudeau Wins Historic Third Term, But Without Coveted Majority(抜粋)

(集計状況などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE