コンテンツにスキップする

【新型コロナ】メルボルンで反ワクチンデモ、米入国制限で方針転換

更新日時
  • タイの新規感染1万919人、7月17日以来最少
  • 中国の新規感染症例42件、全て福建省から報告

米政府は近く、新型コロナウイルスワクチンの接種完了を条件に、大半の外国人の空路による入国を認める方針にかじを切る。ワクチン未接種の外国人の入国は禁止する。

米国、ワクチン接種済み外国人の入国許可へ-渡航制限で方針転換 (2)

  オーストラリアで2番目に大きい都市メルボルンでは反ワクチンなどの抗議行動がエスカレートしており、同市の建設会社は少なくとも2週間、休業措置を取る。

  インドは10月から、世界保健機関(WHO)などが主導する新型コロナワクチン共同購入の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」向けにワクチン輸出を再開する。マンダビヤ保健相が20日に明らかにした。

  インドネシアは最低限の社会インフラ維持に必要な勤労者を除き、ワクチン接種済みの勤労者がオフィスに戻るのを認めるが、オフィス定員の25%を上限に設定した。シンガポールは感染者が増加する中、集中治療施設の状況を注視している。

  米ファイザーとドイツのビオンテックは、共同開発したワクチンの5-11歳への大規模な治験で、安全性と強力な抗体反応が確認されたと発表した。数カ月以内に就学児童への接種に道を開く可能性がある。

  米国で20日、新型コロナ感染症(COVID19)による累計死者数が1918年のスペイン風邪流行による死者数を超えた。多くの専門家は新型コロナワクチンが実用化されたことから、死者数が超えることはないとみていた。

  バイデン米大統領の首席医療顧問、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、10月31日までに5-11歳の子供向けの新型コロナワクチンが利用可能になる公算が大きいとの見解を示した。ニュース専門局MSNBCとのインタビューで語った。

  中国では20日の新規国内感染症例は42件で、全てが福建省からの報告だった。

  タイの新規感染者は1万919人と、7月17日以来最少となった。

  米ニューヨーク市は生徒への新型コロナ検査の頻度を現行の2週間に1回から週1回に変更する。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億2904万人、死者数は469万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計59億8000万回を超えた。

原題:U.S. Travel Curbs Eased; Melbourne Protests: Virus UpdateFauci Says Children Could Get Shots by Halloween: Virus Update     、NYC Moves to Weekly School Tests; Pfizer Kid Trial: Virus Update 、 Covid Mortality Rate Rises in U.S. Hospitals, Slowing Progress (抜粋)

(メルボルンやタイなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE