コンテンツにスキップする

北朝鮮が「核軍拡競争」を警告-原子力潜水艦巡る米英豪の合意受け

  • 北朝鮮の安全保障に与える悪影響には「対抗措置」講じる-KCNA
  • 北朝鮮の外務省当局者の発言をKCNAが引用して伝えた

北朝鮮が「核軍拡競争」について警告した。米国と英国がオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術提供で合意したことを受けたもので、北朝鮮の安全保障に与える悪影響には「対抗措置」を講じるとしている。

  国営の朝鮮中央通信(KCNA)は北朝鮮の外務省当局者の発言を引用し、「これらはアジア太平洋地域の戦略的バランスを崩し、一連の核軍拡競争を引き起こす非常に望ましくない危険な行為だ」と伝えた。当局者の名前は明かしていない。

  中国も先週、米英の豪州支援の動きを「軍拡競争」をあおるとして非難している。

豪州の原潜建造支援へ、米英と新たな安保枠組み-フランスは反発 

  KCNAによると、北朝鮮の外務省当局者は米英豪の合意でインド太平洋地域の安全保障が改善されるとのホワイトハウスの主張は「いかなる国も、国益にかなうなら核技術の拡散が可能という立場につながる」とし、米国が「国際的な核不拡散システムを崩している」として同国を批判。北朝鮮の「国防能力を長期的視点で強化するのを少しでも緩めるべきではないということを、現状が改めて示している」と付け加えた。

原題:
North Korea Warns of ‘Nuclear Arms Race’ After AUKUS Subs Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE