コンテンツにスキップする

米国が3000万台調査開始、旧タカタのエアバッグ欠陥の恐れ-ロイター

米当局は旧タカタのエアバッグインフレーターに欠陥があった可能性で、多数の自動車メーカーが製造した3000万台の車両を対象に新たな調査を開始した。ロイター通信が政府文書を引用して報じた。

原題:
U.S. Probing 30M Vehicles Over Possible Airbag Defects: Rtrs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE