コンテンツにスキップする

民間人のみ乗せた宇宙船、地球周回飛行から帰還-スペースX打ち上げ

  • 民間人のための民間資金による宇宙旅行の新時代の始まりを告げる
  • マスクCEOの地球周回飛行のコンセプトが今回の成功で実証された

米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)が初めて民間人のみ4人を乗せて打ち上げた宇宙船「クルードラゴン」が米東部時間18日夕(日本時間19日午前)、3日間の地球周回軌道の飛行を終えて米フロリダ州沖の大西洋に着水し、無事帰還を果たした。

  今回のミッション「インスピレーション4」の成功は、スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の地球周回飛行のコンセプトを実証するものであり、プロの宇宙飛行士でない民間人のための民間資金による宇宙旅行の新たな時代の始まりを告げると期待される。

  フロリダ州のケネディ宇宙センターから現地時間15日に打ち上げられたクルードラゴンは、国際宇宙ステーションを大きく上回る高度約580キロの地球軌道を周回した。

  

relates to 民間人のみ乗せた宇宙船、地球周回飛行から帰還-スペースX打ち上げ
「インスピレーション4」のクルーを乗せた宇宙船がフロリダ州沖の大西洋に着水(9月18日)
 

  米支払いシステム会社シフト4ペイメンツの創業者でCEOを務めるジャレド・アイザックマン氏と他の民間人3人が、特別な訓練を受けることなく搭乗し、小児がん治療で有名な米セントジュード小児研究病院への2億ドル(約220億円)の寄付もミッションを通じて呼び掛けた。

原題:SpaceX’s Private Spaceflight Touches Down Off Florida Coast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE