コンテンツにスキップする

ホンダ、国内工場の8-9月の生産稼働率は4割程度-当初計画比

ホンダは、国内工場の8-9月の生産稼働率が4割程度にとどまる見込みだと発表した。

  • 10月上旬は7割程度の見込み
  • 半導体供給不足に加え、海外の新型コロナウイルスによるロックダウンで部品入荷や物流に遅延
  • 生産影響が生じる主なモデルは、N-BOX、N-VAN、ヴェゼル、フィット、ステップワゴン、オデッセイなど
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE