コンテンツにスキップする

フランス、駐米・駐豪大使を召還-オーストラリアの潜水艦契約破棄で

フランスは駐米大使と駐豪大使を召還した。オーストラリアと結んでいた潜水艦の建造契約が破棄されたことに対する不満の表れとみられる。フランスのルドリアン外相は契約破棄について、「裏切られた」と述べていた。

  フランスは米国の古くからの同盟国であり、今回の動きは潜水艦の契約破棄を巡りフランス側がいかにいら立っているかを示唆している。

関連記事
豪州の原潜建造支援へ、米英と新たな安保枠組み-フランスは反発 (1)

原題:France Recalls U.S., Australian Ambassadors Over Submarine Row(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE