コンテンツにスキップする

アシュモアやブラックロック、中国恒大の債券を大量に保有

新興国市場に多く投資する金融機関の一部が、深刻な資金難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債券を大量に保有していることが、そうした金融機関の最新の届け出で明らかになった。

  6月末の届け出に基づきブルームバーグがまとめたデータによれば、新興国市場債への投資に特化した英資産運用会社アシュモア・グループは、中国恒大債の保有高が4億ドル(約440億円)余り相当と極めて多い。ファンドによる保有債券の開示方法の規則は国・地域によって異なる。

  ブラックロックとUBSグループ、HSBCホールディングスも中国恒大債を大量に保有している。高リスクの新興市場国ないしアジアのクレジットに特化した金融商品に組み込まれているものが多い。これら企業による保有高は、届け出がなされて以降に変化した可能性もある。

On the Hook?

Some of the biggest emerging market investors hold Evergrande bonds

Source: Data compiled by Bloomberg

Note: Includes bonds issued by Evergrande and all of its subsidiaries. Ashmore data as of June 30, BlackRock data as of June, July and September across different funds. UBS data as of April, May, June and July across different funds. HSBC data as of April, June and July across different funds. Holdings may have changed since this data was published. Disclosure rules vary globally.

原題:Ashmore Among Top Funds With Exposure to China’s Evergrande(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE