コンテンツにスキップする

タリバン穏健派バラダル師が事実上失脚、大統領官邸で銃撃戦の末

更新日時
  • カタール外相のカブール訪問時、バラダル師は不在
  • バラダル師は16日に国営テレビに登場、同師失脚をタリバンは否定

アフガニスタンのタリバンで対外交渉の「顔」を担ってきたアブドゥル・ガニ・バラダル師は今月、カブールの大統領官邸で組閣を協議中に暴力を受け、事態は銃撃戦に発展したと、複数の匿名関係者が明らかにした。

abdul ghani baradar
アブドゥル・ガニ・バラダル師
Photographer: Sefa Karacan/Anadolu Agency/Getty Images

  米国との和平交渉を率い、タリバン内閣の中でも穏健派としての役割を欧米諸国に期待されていたバラダル師は、事実上失脚した。

  暴行を働いたのは、ハッカニ・ネットワークのリーダーの1人であるカリル・アル・ラーマン・ハッカニ氏とされる。

  ハッカニ・ネットワークを率いるシラジュディン・ハッカニ氏は、テロ犯罪に絡む米連邦捜査局(FBI)の最重要指名手配者リストに入っている。

  7日に発表された閣僚リストでは、包摂的な内閣を提唱していたバラダル師の提案が退けられ、タリバン外からの起用は皆無だった。シラジュディン・ハッカニ氏が内務相代行に就任する一方で、バラダル師は副首相の地位にとどまった。

  12日にカタールのムハンマド外相がカブールを訪問した際、バラダル師は不在だった。バラダル師は16日に国営テレビで、自分は負傷も死亡もしていないと言明。カタール外相の訪問は知らなかったと述べた。

  タリバンの報道担当ビラル・カリミ氏は電話で、バラダル師の失脚を否定、「イスラム首長国の指導部にいかなる相違も存在しない」と述べた。

原題:Taliban Shootout in Palace Sidelines Leader Who Dealt With U.S.(抜粋)

 

(第5段落以降に情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE