コンテンツにスキップする

豪州の不動産に気候変動リスク、価値低下で金融機関に影響も-中銀

  • 融資先のデフォルトに金融機関が耐える力は低下する恐れ
  • 住宅ローンは豪大手銀ポートフォリオの約3分の2占める

オーストラリアでは気候変動や荒天の影響を受けやすい地域の一部不動産価値が大幅に下がる恐れがあると、豪準備銀行(中央銀行)のエコノミストが指摘した。これは融資先のデフォルト(債務不履行)に金融機関が耐える力の低下につながり得る。

  豪中銀のケリー・ベルローズ、デービッド・ノーマン、ミシェル・ロイターズ3氏が執筆した研究論文によると、気候変動の影響で国内の不動産物件の約3.5%が既に「高リスク」の国際的な定義に当てはまる。建て替え費用に対する気候変動関連被害の年間推定額を測るバリューアットリスク(VaR)の値が1%を上回るとこの分類に入る。

Biggest Floods in Decades Sees Residents in NSW and Sydney Evacuate
洪水で浸水した橋に立つ交通管理担当者(ニューサウスウェールズ州ウィンザー、3月)
Brent Lewin/Bloomberg

  天候に左右されやすい地域での各行のエクスポージャーを考慮する際に重要なことは、不動産価格にはまだ反映されていない気候変動リスクの上昇だとエコノミストらは指摘。住宅ローンは豪大手銀ポートフォリオの約3分の2を占めることから、この問題は緊急性が高いと言えそうだと論じた。

Chilly Winter

Australian house price growth has slowed since summer peak

Source: CoreLogic Inc.

  「気候変動は豪金融システムへのリスクを生じさせており、適切な対応がなければリスクはいずれ大きく上昇する」とした上で、「現在価値が気候変動の長期的なリスクを十分に織り込んでいないのなら、住宅は値下がりし、銀行が借り手のデフォルトに対応する力は予想より小さくなる恐れがある」と警告した。

Biggest Floods in Decades Sees Residents in NSW and Sydney Evacuate
洪水で浸水した公園(ニューサウルウェールズ州リッチモンド、3月)
Brent Lewin/Bloomberg

 

原題:Property Value at Risk in Australian Climate Hot Spots, RBA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE