コンテンツにスキップする

シンガポール、新興企業の資金調達支援へ-テマセクと取引所が協力

  • 政府とテマセクが新たなファンドを設定-当初資金枠は約1220億円
  • 取引所はカスタム化された資本市場ソリューション提供へ
Pedestrians in the central business district in Singapore, on Monday, Sept. 6, 2021. 

Pedestrians in the central business district in Singapore, on Monday, Sept. 6, 2021. 

Photographer: Lauryn Ishak/Bloomberg

シンガポールは17日、国内株式市場とスタートアップ企業を後押しする包括的な資金調達支援策を発表した。アジア金融の中心地としての地位向上を図りたい考えだ。

  政府はシンガポール取引所と政府系の投資会社テマセク・ホールディングスと取り組む資金調達支援パッケージについて、国内や域内の企業による資金集めの場としてのシンガポールの魅力を高めるのが狙いだと説明した。

 

Singapore stocks have trailed their Asian peers over a five-year period
 
 

  共同声明によれば、政府とテマセクは株式公開を行う前の高成長企業のファイナンスを支援するファンドを設定する。当初の資金枠は15億シンガポール・ドル(約1220億円)。

  またシンガポール取引所は企業と協力し、プライベートファイナンスや流動性強化といったカスタム化された資本市場ソリューションを提供するという。

原題:
Singapore Seeks to Boost Local Stock Market With Funding Effort(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE