コンテンツにスキップする

米株式市場、トリプルウィッチング控えヘッジ積み上げ活発化

  • 17日満期の株式オプションは約3.4兆ドル相当-ゴールドマン
  • 先行き不安でプット価格は過去最高値付近、相場調整の見通し広がる

米国株の指標S&P500種株価指数はオプション行使期限を17日に控え、月半ばの下げ局面に耐えた。ただ、トレーダーがヘッジを活発に積み上げる状況で株式市場が記録的なラリーを再開できるかどうかは不確実だ。

  「トリプルウィッチング」は、個別株および株価指数のオプションの満期が指数先物の取引期限と重なる四半期に一度のイベント。ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは17日に満期を迎える株式オプションは約3兆4000億ドル(約373兆円)相当と試算。そのうち7200億ドル相当は個別株オプションで、9月としては過去最大となる見通し。

relates to 米株式市場、トリプルウィッチング控えヘッジ積み上げ活発化
出典: ゴールドマン・サックス・グループ
 

  このイベントを前に、オプショントレーダーは相場の先行きに不安を募らせており、プット(売る権利)の価格は過去最高付近にある。新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大や増税に向けた動き、米金融当局の金融緩和の縮小方針を背景に株式相場の調整見通しは広がりつつある。

  一方、S&P500種は今月に入り、2月以降見られなかった続落局面になったが、その後も主要なトレンド線である50日移動平均を何とか上回っており、16日は4473.75で終了した。

  バイタル・ナレッジの創業者アダム・クリサフルリ氏は「すべてのマクロリスクや懸念材料が未解決のままであるため、今後数週間はまだ慎重姿勢だ」とリポートでコメント。「この場合の『慎重』とは、同じような変動の激しいレンジ取引を予想するもので、S&P500種が4400を上回りながらも高値更新を阻まれる展開を想定するという意味だ」と説明した。

  四半期ごとの満期は通常、S&P500種などのベンチマークのリバランスと重なり、出来高が1年間で最大級の水準に膨らむ。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのシニア・インデックスアナリスト、ハワード・シルバーブラット氏の試算によれば、同指数のリバランスだけで550億ドル相当の株売買の要因となり得る。

  これは既に忙しい週がさらに忙しくなる可能性を意味する。米国の全取引所の株式売買高は15日までの4営業日連続で100億株を上回った。これに対し、前月の平均は90億株だった。

Triple witching spurs trading volume in stocks
 
 

 

関連記事

 

原題:
Triple Witching to Hit Market Where Traders Pay Up for Hedges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE