コンテンツにスキップする

米財務省、ステーブルコインのリスク警告へ-仮想通貨の監視強化準備

  • 当局者はテザーなどのステーブルコインで緊急性の高いリスク特定
  • 財務省の勧告は次のステップに関する行程表の役目果たすとみられる
The U.S. Treasury Department in Washington, D.C., U.S., on Monday, July 26, 2021. 

The U.S. Treasury Department in Washington, D.C., U.S., on Monday, July 26, 2021. 

Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

暗号資産(仮想通貨)の監視強化勧告を準備している米財務省当局者は、法定通貨の価値に連動するテザーなどのステーブルコインについて、最も緊急性が高いと考えられるリスクは何かを特定した。

  関係者が作業の未完了を理由に匿名で語ったところによると、投資家がトークンから資金を確実に出し入れできるようにすることが当局者の最大の関心事項だ。暗号資産を幅広く投げ売りする動きが金融安定を脅かす恐れや一部のステーブルコインが急激に膨張する可能性も不安視している。当局者が策定を進める政策枠組みは、数週間以内に公表される見通しという。

  急成長する仮想通貨市場については、米当局が監視の厳格化を準備している。財務省の勧告は次のステップに関する行程表の役目を果たすとみられる。当局者はステーブルコインが経済的な脅威になるかについて金融安定監視評議会 (FSOC)が正式調査を始めることを協議していると、ブルームバーグは先に報じた。こうした過程がさらに厳しい監視につながる可能性もある。

米財務省など連邦機関、ステーブルコインの正式調査巡り議論-関係者

  ドルなどに連動するステーブルコインは、他のデジタルトークンを購入する際に利用されるため仮想通貨市場にとって重要な存在だ。コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、現在流通するステーブルコインは1200億ドル(約13兆円)を超える。ステーブルコインは普通預金口座のような伝統的な金融機関商品と類似する取引での利用が増えているが、同じような消費者保護の対象となっていない。

原題:
Treasury to Flag Stablecoin Perils as U.S. Readies Clampdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE