コンテンツにスキップする

GM、一部ボルト所有者に他車から15メートル離れて駐車するよう通知

米ゼネラル・モーターズ(GM)は電気自動車(EV)「シボレー・ボルトEV」の一部所有者に対し、他の車から50フィート(約15メートル)以上離れて駐車・保管するよう伝えた。車から突然発火した際に、燃え広がるリスクを減らすためとしている。

  GMはこれまで、出火の恐れがあるとして2016年以降に販売したボルトEVおよそ14万2000台の全てに関してリコール(回収・無償修理)を実施。リコール費用としてこれまでに18億ドル(約2000億円)を計上した。同社はリコール費用の大半について、バッテリー供給業者の韓国LGから回収できると見込んでいる。

GMが北米でEV7万3000台超を追加リコール、バッテリー発火の恐れ

relates to GM、一部ボルト所有者に他車から15メートル離れて駐車するよう通知
出火した「シボレー・ボルトEV」の2019年モデル。ジョージア州チェロキー郡にて(9月13日)
 

  GMによる今回の新たな通知は、バッテリーが過熱し出火につながるリスクを避けようと既にボルトEVの利用を限定している所有者をいら立たせそうだ。駐車する際に他の車から50フィート以上の距離を取るよう勧める今回のガイダンスは、都心部の所有者にとっては特に実行が困難だ。GMはこれまでに10件の出火を確認している。

原題:GM Tells Some Bolt Owners to Park 50 Feet Away From Other Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE