コンテンツにスキップする

米鉱工業生産、製造業の伸びが市場予想下回る-ハリケーンも影響

  • 8月の製造業生産指数は前月比0.2%上昇-市場予想は0.4%上昇
  • ハリケーンが製造業生産指数を0.2ポイント押し下げ-FRB

8月の米製造業の生産指数は、市場予想を下回る伸びにとどまった。原材料・労働力不足の問題がなお続いていることに加え、ハリケーン「アイダ」の襲来による工場閉鎖が影響した。

キーポイント
  • 製造業の生産指数は前月比0.2%上昇
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は0.4%上昇
    • 前月は1.6%上昇(速報値1.4%上昇)に上方修正
  • 鉱工業生産の総合指数(鉱業と公益事業含む)は0.4%上昇
    • 今回の上昇で指数はようやくパンデミック前の水準を上回った
    • 市場予想は0.5%上昇
    • 前月は0.8%上昇(速報値0.9%上昇)に下方修正
U.S. manufacturing output increased less than forecast on Hurricane Ida
出典:FRB
FRB

  統計を発表した米連邦準備制度理事会(FRB)は、アイダの影響で製造業の生産指数が0.2ポイント押し下げられたと試算した。

  製造業の求人件数は過去最高水準にあるほか、材料となる製品の価格は急騰している。また8月末に襲来したアイダの影響で、ルイジアナ州の沿岸地域では石油化学製品やプラスチック用樹脂などの工場が閉鎖を余儀なくされた。

  自動車・同部品の生産は0.1%上昇。前月は9.5%上昇だった。前月に大きく伸びたのは、通常多くのメーカーが7月に実施する工場閉鎖が今回は行われなかったことが背景にある。

  家具と関連製品の生産は2.1%上昇。電子機器と繊維は下げた。

  製造業の設備稼働率は76.7%に上昇。鉱工業全体の同稼働率も76.4%に上げた。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Factory Output in U.S. Rises Less Than Forecast, Dented by Ida(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE