コンテンツにスキップする

カナディアン・パシフィックが米KCサザン買収で合意-競合退ける

カナダのカナディアン・パシフィック鉄道は、米同業カンザスシティー・サザン(KCサザン)を270億ドル(約2兆9500億円)で買収することで合意に達した。数カ月の紆余(うよ)曲折を経て、米国とカナダ、メキシコをまたぐ鉄道網を初めて運営する会社が誕生する見込みとなった。

Kansas City Southern Trains Ahead Of Earnings Figures
KCサザンの機関車(2020年1月7日、ミズーリ州カンザスシティー)
Photographer: Whitney Curtis/Bloomberg

  KCサザンは、先にカナディアン・ナショナル・レールウェイと結んでいた300億ドルの合併合意を破棄したとも明らかにした。

  カナディアン・パシフィックとKCサザンは現金と株式を組み合わせた買収合意について、負債の引き受けも含め総額310億ドル相当と評価した。合併の実現には、両社株主とメキシコ規制当局、米陸上運輸委員会による承認が必要となる。

relates to カナディアン・パシフィックが米KCサザン買収で合意-競合退ける
カナディアン・パシフィック鉄道網(茶色)とKCサザンの鉄道網(青)
米運輸省データを元にブルームバーグ作成

  KCサザンは売上高の約半分をメキシコから得ている。買収が完了すれば、カナディアン・パシフィックの鉄道網はバンクーバーからメキシコのベラクルスまでと、これまでより50%拡大して2万マイル(約3万2200キロメートル)に広がる。

  カナディアン・パシフィックは今年3月、KCサザンを250億ドルで買収することで同社と合意していたが、その後カナディアン・ナショナルが対抗案を提示し、買収合戦に発展していた。

原題:Canadian Pacific Wins Buyout War for K.C. Southern, Defeating CN(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE