コンテンツにスキップする

北海ブレント先物が75ドル突破、8月2日以来-米供給減の影響続く

北海ブレント原油先物が15日、8月2日以来初めて1バレル=75ドルを突破した。米国での供給減少が引き続き影響している。

  ニューヨーク時間午前の取引でブレント先物は一時2%高の75.42ドル。

  原油相場は8月下旬以降、着実に上昇してきた。ハリケーン「アイダ」の上陸に伴い、メキシコ湾岸での石油生産の大部分が停止されたことが一段の上昇要因となった。同地域では生産施設の約40%がなお操業停止となっている。

原題:
Brent Oil Hits $75 for First Time Since Early August(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE