コンテンツにスキップする

EUが初の短期証券発行-EU債の展開、国家のレベルに近づく

欧州連合(EU)は15日、初の短期証券を発行した。資金調達に新たな手段が加わった。

  今回発行されたのは77日物と168日物。77日物は30億ユーロ(約3900億円)発行され、応札倍率が3.39倍で平均落札利回りはマイナス0.726%だった。168日物は発行額20億ユーロで、応札倍率5.76倍とより旺盛な需要を集めた。平均落札利回りはマイナス0.733%。

  EUは毎月第1および第3水曜日に短期証券を発行する計画。最長1年で他の期間も可能だが、現時点では検討されていない。

  短期証券発行は加盟国への助成金や融資の原資とするため、5年間で約8000億ユーロの調達を目指す「ネクストジェネレーションEU(NGEU)」プログラムの新たな産物だ。

  EUは短期証券の発行で、流動性が高く厚みのある短期金融市場でプレゼンスを確保できる。迅速な資金調達手段を得るとともに、ソブリン債発行体として国家のレベルにいっそう近づくことになる。

EU、7年物復興債にも強い需要-募集額の10倍近い注文

 

原題:
Europe Completes First Bill Sales to Finance Pandemic Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE