コンテンツにスキップする

中国恒大は今月20日期限の利払いせず-中国政府が銀行に伝える

更新日時
  • 中国住宅都市農村建設省が今週、銀行と会議を持ち伝えた
  • 元本返済も少なくとも1件のローンで行えない見込み-関係者

中国当局は不動産開発大手、中国恒大集団の主要債権銀行に、今月20日が期限の利払いを同社が行わない見込みだと伝えた。事情に詳しい関係者が明らかにした。国内最大級の債務再編が一歩近づいた。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、中国住宅都市農村建設省が今週、銀行と会議を持ち、中国恒大は20日の支払いを履行できないと通知した。同社はまだ、返済期限延長や一部ローンの借り換えについて銀行と協議していると関係者は述べた。

  また、来週は少なくとも1件のローンで元本の返済ができない見込みだと関係者の1人が語った。約8400万ドル(約92億円)のドル建て債のクーポンを期日の23日に支払うかどうかも不透明だ。

  中国恒大と住宅都市農村建設省はコメント要請に応じていない。

  銀行と債券保有者、納入業者、住宅購入者に対する中国恒大の債務は中国で最大級の金融リスク源となっている。ブルームバーグの計算によれば、6月30日時点の負債は5718億元(約9兆7000億円)に縮小していた。一方、貿易その他の支払残額は6カ月前から15%増え9511億元に達している。

参考記事

 

原題:China Tells Banks Evergrande Won’t Pay Interest Next Week (1)(抜粋)

(来週のローン元本返済見通しなど全体的に情報を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE