コンテンツにスキップする

アップル「iPhone13」を無料で提供-米携帯事業者が顧客獲得競争開始

  • 対象機種の下取りと無制限データプランに契約を条件に無料で提供
  • 加入者数の拡大目指しAT&TやTモバイル、ベライゾンが競合

米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)13」の価格競争が始まる。

  アップルが最新機種を発表した14日、米携帯電話事業者大手のAT&Tは新規および既存客に対し、対象製品の下取りと無制限データプラン契約を条件にアイフォーンの「13プロ」を無料で提供する販売促進策を打ち出した。昨年に続くこの販促策は、1000ドル(約11万円)近いディールとなる。TモバイルUSも13プロの購入者に同様の販促策を提示しており、ベライゾン・コミュニケーションズは最大800ドルの特典を提供する。

  データプランの価格競争がかつては携帯電話事業者の競争の主戦場だったが、現在では電話機の割引や無料提供がそれに取って代わりつつある。AT&Tが最も積極的で、無制限プランで契約するすべての顧客に無料または大幅に値引きされた電話機を提供するプランを提示している。

  13プロは小売価格が999ドルから。AT&Tは加入者数の拡大を図るため端末コストを積極的に吸収する構えだ。無料提供は会員数の伸びに直接的影響を与えており、AT&Tの携帯電話加入者数は4-6月(第2四半期)に78万9000人増加と、Tモバイルの62万7000人増を上回った。

原題:Apple IPhone 13 Launches New Round of Carrier Freebies (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE