コンテンツにスキップする

ゴールドマン、中国は投資可能-業界締め付けは長期的ダメージ与えず

  • 当局は技術革新にこれまで以上に重点を置いている
  • 半導体、航空宇宙機器、特殊素材などの「ハードテック」に焦点移る
china flag chinese GETTY sub
Photographer: China Photos/Getty Images

中国の最近の規制強化による長期的な経済成長および投資見通しへの打撃は限定的にとどまる。ゴールドマン・サックス・グループがこのような見方を示した。ただ、目先は金融市場が不安定な状態が続く可能性が高いと付け加えた。

  ゴールドマンは13日のリポートで、テクノロジー学習塾業界に対する締め付けは経済格差是正と生産性向上という長期的ゴールを目指したもので、幅広い民間企業を標的としたものではないと指摘した。同社中国担当エコノミストのホイ・シャン氏、春華資本(プリマベーラ・キャピタル)創業者の胡祖六(フレッド・フー)氏を含む複数の専門家の意見を引用した。

  シャン氏は、政府は反競争的行為やプライバシーを侵害し国家安全保障を脅かすデータ収集など特定の行動を規制する意向だと指摘。技術革新にはこれまで以上に重点を置いており、その焦点はインターネット企業のような「ソフトテック」セクターから、半導体、航空宇宙機器、特殊素材などの「ハードテック」産業に移ったと分析した。

  中国の経済発展5カ年計画からは、化学および製紙産業における製造工程のグリーン化、スポーツ、ビル管理サービス、インターネットセキュリティーシステム、国内消費者ブランドなど、他の主要セクターを促進する方針もうかがえるとシャン氏は指摘した。

  ゴールドマンのアナリストらはリポートで、中国は引き続き投資可能だとし、規制が「企業収益を構造的に損なう」可能性は低いとの見方を示した。ハードテックやグリーンエネルギーなど政府の国家発展計画の目標に一致したセクターへのエクスポージャーを選好している。

  春華資本のフー氏は、中国によるテクノロジー事業抑制の規制上の目標は他の国々が行っているものと同様だが、規制や執行を巡り中国の方がずっと強力で、ほぼ間違いなく強引な手法を用いている点が主な違いであり、それが短期的には投資家心理と市場に圧倒的なインパクトを及ぼしているのは明らかだとコメントした。

原題:
Goldman Sees Limited Long-Term Damage from China’s Crackdowns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE