コンテンツにスキップする

オラクル株下落、6-8月売上高が予想下回る-クラウド向け鈍化

更新日時
  • 主力のクラウド用ビジネスアプリの売上高の伸びが前期より鈍る
  • 9-11月売上高は前年同期比3-5%増の見通し、市場予想4%増
relates to オラクル株下落、6-8月売上高が予想下回る-クラウド向け鈍化

世界2位のソフトウエアメーカー、米オラクルの株価が13日の時間外取引で下落した。6-8月(第1四半期)の売上高がアナリスト予想を下回った。主力のクラウド用ビジネスアプリケーションで売上高の伸びが前期より鈍化した。

  発表文によると、6-8月の売上高は3.8%増の97億3000万ドル(約1兆700億円)。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は97億7000万ドルだった。一部項目を除いた1株利益は1.03ドル。アナリスト予想は97セント。

  サフラ・カッツ最高経営責任者(CEO)は9-11月(第2四半期)について、売上高が前年同期比3-5%増になるとの見通しを示した。アナリスト予想平均では4%増の102億ドルが見込まれていた。一方、1株利益は1.09-1.13ドルの見通し。アナリスト予想平均は1.09ドル。 

  6-8月は企業財務管理用アプリケーション「フュージョン」の増収率が32%と、前期の46%から縮小した。

  決算発表を受け、オラクルの株価は時間外取引で一時3.7%安となったが、見通しが発表されると下げ幅を縮小した。通常取引終値は88.89ドル。年初来の上昇率は37%と、S&P500種株価指数の約2倍に達している。

原題:Oracle Falls After Sales Miss Estimates on Cloud App Growth (1) (抜粋)

 

(3段落目以降に見通しを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE