コンテンツにスキップする

英国でオフィス復帰が加速、先週の出社はコロナ流行前の9割

  • 前週の58%から大きく上昇、金融街シティーでも人通り増加
  • 6日朝の地下鉄利用、パンデミック開始以降で最多

英国の都市が平時に戻りつつある証拠が増えている。

  英主要都市のオフィスビルにセンサーを取り付け、出勤率を調査しているメトリクスのデータによると、先週のオフィス出勤者数は新型コロナウイルス流行前の水準の90%と、前週の58%から大きく上昇した。ロンドン金融街のシティーでは2週間前と比べても人出が著しく増えた様子で、人通りは増しパブは混雑している。

relates to 英国でオフィス復帰が加速、先週の出社はコロナ流行前の9割
 
 

  夏季休暇が終わり新学期が始まった先週、ロンドンでは平時に戻りつつある兆しが表れた。市内の交通量や公共交通利用が増加し、6日朝の地下鉄利用は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まって以降で最も多かった。

  この傾向がさらに進むかには疑問が依然残る。企業や従業員の多くは在宅を組み合わせたハイブリッド型の勤務を利用しており、コロナ変異株が回復を腰折れさせるリスクもまだある。

原題:
U.K. Office Revival Speeds Up With More Workers Back at Desks(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE