コンテンツにスキップする

中国、米国に関係修復措置求める-バイデン政権は新たな対中調査検討

  • 中国外務省報道官がブルームバーグの報道に関する質問に答えた
  • 米国に「厳重に抗議」-台湾が米国に置く代表部巡るFT報道で

バイデン米政権が中国政府の産業補助金について新たな調査の実施を検討する中で、中国は米国に対し2国間関係を修復するための措置を講じるよう求めた。

  中国外務省の趙立堅報道官は北京で13日開いた定例記者会見で、米中首脳が先週行った電話会談を踏まえ、両国の「関係部門は国のトップが呼び掛けた精神に従って行動し、相違に適切に対処し、協力を強化し、2国間関係を着実な発展の正しい軌道に戻すようわれわれは望んでいる」と述べた。

  趙報道官は米国のタイ通商代表部(USTR)代表やレモンド商務長官らバイデン政権の経済担当高官が10日に会合を開き、調査の可能性を協議したとのブルームバーグ・ニュースの報道に関する質問に答えた。

バイデン米政権が中国の補助金など調査検討、圧力かける狙い-関係者

  趙報道官はまた、台湾が米国に置く代表部の名称に「台北」ではなく「台湾」と冠することを容認する方向で検討しているとの英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道を巡り、米国に対し「厳重に抗議」したことを明らかにした。台湾の「台北駐米経済文化代表処」は事実上の在米大使館に相当する。

中国、駐リトアニア大使を本国に召喚-台湾代表機関設置の動きに反発

原題:
China Urges U.S. to Mend Ties as Biden Weighs Fresh Trade Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE