コンテンツにスキップする

日産自がドル建て社債を条件決定、総額2035億円-3本立て

日産自動車が13日、北米法人の金融子会社を通じ、ドル建て社債3本の発行条件を決めた。発行額は18.5億ドル(約2035億円)となる。

  起債したのは年限3年、5年、7年の固定利付債。各年限の発行条件は以下の通り。

 発行利率発行額
3年1.125%5億ドル
5年1.850%10億ドル
7年2.450%3.5億ドル

  当初は年限3年の変動利付債の発行も検討していたが、最終的に取りやめた。変動利付債の基準金利には、公表停止予定のロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の代替指標金利である担保付翌日物調達金利(SOFR)を採用していた。

Nissan Motor Headquarters As The Automaker Boasts Brexit Advantage With Rare U.K. Battery Supply
日産自のロゴ
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE