コンテンツにスキップする

オンライン決済のストライプ、早ければ来年の株式公開を協議-関係者

オンライン決済サービスを手掛けるストライプは、来年にも株式を公開することについて複数の投資銀行と初期の協議を行っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に匿名で語った関係者によれば、創業11年のストライプは直接上場もしくは新規株式公開(IPO)を通じた株式公開を検討している。時期を含め、なおも計画変更の可能性があるという。

  ストライプはアイルランドの首都ダブリンと米サンフランシスコを本拠とする。同社の担当者はコメントを控えた。

  ストライプは3月に実施した資金調達ラウンドで6億ドル(約660億円)を集め、企業価値は950億ドルと評価された。

ストライプの企業価値、3倍の950億ドル-新たな資金調達ラウンド

原題:Stripe Is Said to Discuss Public Listing With Banks for 2022 (1)(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE