コンテンツにスキップする

ロンドン高級不動産市場で国外の買い手が急減、10年間で最低の水準

  • 今年上期に国外の買い手が占めた割合、わずか27%-前年の半分強
  • 上乗せ印紙税、ポンド上昇でコスト上昇-来年にかけ戻るとの期待も

ロンドン中心部の高級不動産市場から、外国の買い手が急速に減少しつつある。

  今年上期(1-6月)に国外の買い手が取引に占めた割合はわずか27%と、不動産業者ハンプトンズ・インターナショナルがデータの追跡を開始した2011年以降で最低だった。この水準は前年の半分強でしかない。

  世界で最も高価な部類に属す物件もあるロンドンの高級不動産市場は、長らく国外の買い手が価格を押し上げてきた。過去10年を通じて買い手全体のほぼ半分を占め、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で国際間の渡航が大きく制限された2020年でもそれは変わらなかった。

 

Home Groan

Majority of London luxury home buyers are now locals

Source: Hamptons

  今年は取引コストが上昇し、中東と東アジアを除く全地域の買い手の割合が低下した。国外の買い手は4月から印紙税が2%上乗せして課されるようになり、過去1年間でポンドはドルに対して約6%上昇した。

  ハンプトンズの調査担当責任者、アネイシャ・ベバリッジ氏は「この1年で目にした非常に大きな変化だ」と指摘。「国外の買い手が戻ってくるかどうかは依然としてコロナウイルスが大きく左右するが、国際的な往来の再開で今年末から来年にかけて国外の買い手の数は増えてくるとみている」と語った。

 

原題:
London’s Luxury Homes Lure Fewest Overseas Buyers in a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE