コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米大統領、ワクチン会合提言へ-豪制限解除の目安示す

更新日時
  • ワクチンの公平な分配に向け「行動余りに少ない」-WHO事務局長
  • テキサス州の新規感染2万5000人強と1月後半以来の多さに

オーストラリアで人口最大のニューサウスウェールズ州は成人の70%が新型コロナウイルスワクチンを2回接種した時点で外出禁止令を解除する方針だ。州政府が9日に明らかにした。ベレジクリアン州首相は、このワクチン接種率目標が10月中に達成するとの見通しを示した。

  世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、新型コロナワクチンの公平な分配に向けた「行動が余りに少ない」と指摘。富裕国とワクチン供給契約を結ぶ製薬会社は貧困国から国民を守る手段を奪っていると批判した。

  WHOなどが主導するワクチン共同購入の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」はこの日、2021年のワクチン供給量の予測を25%余り引き下げ、約14億回分になるとの見通しを示した。6月時点での予測は約19億回分だった。一部のメーカーや国が二者間取引を優先する中、輸出禁止や生産規模拡大に向けた課題などが供給を妨げる要因だとしている。

   バイデン米大統領は今月開催される国連総会に合わせて、新型コロナワクチンの世界供給に関する会合を呼び掛ける計画だ。途上国での接種促進で富裕国にはさらなる行動を求める圧力が強まっている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

バイデン米大統領、国連総会期間中のワクチン会合呼び掛けへ-関係者

  米テキサス州では新規感染者が2万5000人余りと、1月後半以来の多さとなった。入院者も過去最多に近づいている。

  ユナイテッド航空は顧客や従業員の感染予防のため、宗教・健康上の理由でワクチン未接種の労働者の一部に強制的に休暇を取らせる方針。

  スイスは9月13日以降、屋内飲食やフィットネスセンター、その他のレジャー施設の利用者について、ワクチン接種や感染後の回復もしくは陰性であることを示す証明書の提示を義務化する。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline
 
 

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億2250万人、死者数は459万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計55億9000万回を超えた。

原題:Japan Extends Emergency; Sydney Maps Lockdown Exit: Virus Update(抜粋)

(豪州やバイデン大統領などの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE